ニュース

Mums マスタートレーナーブログ

2018年09月7日 | Mums, Women

【産後の今抱えている問題を放っておくと大変!今すぐ産後ケアを!】

妊娠、出産をへて女性の体は大きく変化します。

育児ストレスや体重増加、腰痛など様々なお悩みがある中で、

多くの産後ママ達の生活に影響を与えているもののひとつに「産後尿失禁」があげられます。

尿失禁のタイプはいくつかあるのですが、

産後のお母さん達が経験する尿漏れでほとんどのタイプが「腹圧性尿失禁」です。

このタイプの尿失禁は文字通り、腹圧が高まるとき、

たとえばくしゃみや、走る、飛ぶ、重いものを持つといった

日常的な動作の際に尿漏れしてしまいます。

初産の後に尿漏れを体験されるお母さん達もいらっしゃいますが、

産後すぐに尿漏れにはならず、二回目、三回目の妊娠時に尿漏れを体験されたりと

ケースは様々です。しかしこの尿漏れに関して、声を大にして助けを求める、

という行為自体に抵抗を感じるお母さん達が多いのが今の日本の現状ではないでしょうか。

産後尿漏れのひとつの原因には「骨盤底組織の機能不全」があげられます。

妊娠中に常に臓器の重さを受け止めていた骨盤底筋は、出産時にさらに大きなダメージを受けます。

骨盤の底についている筋肉が上手に収縮できなくなることにより、尿が漏れてしまうのが産後尿失禁の原因のひとつなのです。


【そこで、自宅でも簡単に行える骨盤底筋体操をご紹介します!】

1. 仰向けに寝転がり、膝を立てます。足はこぶしひとつ分くらい開きましょう。

2. 吐く息にあわせて、尿道、肛門、膣をきゅっとしめて骨盤底筋が頭のほうへ向かって持ち上がっていることを感じましょう。

3. 最初は5秒くらい、締めたり、緩めたりを呼吸に合わせて行います。

4. これを一回10セット、一日に2~3回行いましょう。

仰向けの姿勢で行うことに慣れてきたら徐々に、座位、立位、と姿勢をかえ、最終的には動作に合わせてトレーニングを行うと効果的です。

また、正しく骨盤底筋トレーニングを行えているかを確認するためにも産後ケアを行っている産婦人科や産後ケアセンターで、

ドクターや産後ケアに特化したスペシャリストからトレーニングアドバイスを受けることも大切です。