research | Power Plate Japan

パワープレート®を用いたストレッチはストレッチ単独より柔軟性を向上させる

要約: ● パワープレートを用いたストレッチはストレッチ単独 より可動域を増大させる。 ● この方法は、すでに高い柔軟性を持つトップアスリートが可動域をさらに増大させるために有効と考えられる。 緒言: 体操、フィギュアスケート、ハードル走などのスポーツでは、アスリートが達成できる可動域(ROM)によって能力と安全性の両方が決定される。可動域がわずかに増大してもパフォーマンスの向上が達成され、1...

サッカーの試合ハーフタイム中のパワープレート®使用は後半のパフォーマンスを向上させ損傷のリスクを低下させる

結果の概要: ハーフタイム中に、リウォーミングアップを行わない選手のパフォーマンスが低下することはよく知られている。ハル大学の研究者は、ハーフタイム中のパワープレートの使用が後半序盤のパフォーマンスの低下を防止することを明らかにした。また彼らは、ハーフタイム中にパワープレートを使用したサッカー選手は試合の後半序盤のハムストリングの疲労が減少し、下肢安定性が向上することも明らかにした。...

パワープレート®を用いた スクワットは上半身の筋力も向上させる

要約: ● 足から身体の上方への振動の伝達によって上半身の筋力を向上させることができる。 ● 振動するパワープレートを用いてスクワット姿勢でトライセプスエクステンションを行うと、一定時間に実施できるトライセプスエクステンションの回数 と平均運動速度の両方が向上する。 緒言: 近年、アクセラレーション トレーニングTM がどのように様々なフィットネスやウェルネスを向上させるかの研究が進んでいる。この種の研究の多くは、プラットフォームからの振動によって得られる下肢の刺激に重点を置いている。...
パワープレート®トレーニングは短距離走のパフォーマンスを向上させる

パワープレート®トレーニングは短距離走のパフォーマンスを向上させる

要約: 1. 6 週間の全身振動(WBV)トレーニング後に10 m、20 m、40 m、50 m、 および60 m 走の成績が有意に向上し、全体の向上率は2.7%であった。 2. 歩幅は5.1%、走行速度は3.6% 向上した。 3. カウンタームーブメントジャンプ高が3.3%増加し、瞬発力の持続時間が全体 で7.8 % 増加した。 6 週間のパワープレートトレーニングは短距離走の運動学的特性と瞬発力 パフォーマンスに有意な変化をもたらした。 緒言: 短距離走のパフォーマンスは、最高速度にできるだけ速く到達する能力と、...
パワープレート®トレーニングは短距離走のパフォーマンスを向上させる

パワープレート を用いたトレーニングによって 筋力と跳躍高は増大する

要約: 1. パワープレートは少なくとも従来型レジスタンストレーニングと同程度に効果的に筋力を増大させる。 2. パワープレートがもたらす筋力増大はプラセボ効果によるものではない。 3. パワープレートは身体の知覚認識と機能、力発生および垂直跳び高(筋パワーの基準)を増進する。 4. 事前にトレーニングを積んでいない被験者がパワープレートトレーニングを行っても有害な副作用は生じなかった。彼らはトレーニングを楽しみ、疲労 困憊することはなかった。 5....