よくある質問

アクセラレーション トレーニング®(加速度トレーニング)とは何ですか?
日常生活において、私たちの身体には重力がかかっていますが、筋力を鍛えるためには、それ以上の力をかける必要があります。例えば人は体重が増えると、質量が増えた身体を動かすために、より大きな重力を受けるようになりますが、加速度、つまり一定時間内の速度の変化の割合を上げることでも、筋肉にかかる力を大きくすることができます。この「加速度」を活用したトレーニングがアクセラレーション トレーニング®です。
アクセラレーション トレーニング®(加速度トレーニング)により、
身体に悪影響が出ることはありますか?
身体に振動を与えることへの影響については、長年研究を重ねてきましたが、当社の定めた使用方法やアドバイスに沿ってパワープレート®を使用する限り、身体への悪影響が生じた例はございません。安全上のご注意、取扱説明書、トレーニングマニュアル等をよくお読みいただき、疑問等は医師にご相談の上安全に正しくお使いください。
少なめのエクササイズからはじめた方がよいのはなぜですか?
パワープレート®は短時間で高い効果を得ることを目的としており、非常に強い負荷を身体に与えます。そのため、トレーニングをはじめたばかりの頃は、ほんの少しのエクササイズでも、大きな効果が得られます。エクササイズを続けていくと次第に身体が振動に慣れ、より負荷の大きなトレーニングにも耐えられるようになるため、トレーニングのメニューは段階的に少しずつ増やしていくことをおすすめします。適切なタイミングで振動を強めていくことで、身体に与える負荷を弱めることなく、期待通りの効果を継続することができます。
パワープレート®を使ったトレーニングをはじめるのは、何歳からが適切ですか?
理学療法士やパワープレート®公認インストラクターの指導の下でトレーニングをする場合、12歳以上の方が適していると言えるでしょう。若年層の方も、他の年齢層と同様にパワープレート®を使用することで、さまざまな効果が期待されますが、身体面への配慮から、振動数、身体のポジション、トレーニングの長さ等は、一人ひとりに合わせて調整する必要があります。初めてご使用いただく際は、どのエクササイズも「低」モード/振動数でおこなうようにしてください。
トレーニングの最中、または直後に何も感じない場合は、
正しい方法でエクササイズをしていないということなのでしょうか?
どのようなエクササイズをおこなう場合にも、トレーニングによる刺激は、身体に効果を与える程度の強さがないと意味をなしません。従って、エクササイズによって身体にかかる負荷が十分でないと感じた場合には、トレーニングメニューを見直し、トレーニング環境の改善や負荷を増やす必要があります。トレーニングの後に、ある程度疲労を感じたり、筋肉を激しく使ったという感覚を持てるくらいがベストです。
現在おこなっているフィットネスプログラムを、全てパワープレート®のプログラムに
置き換えてもいいでしょうか?
パワープレート®を使用したトレーニングでも、通常のフィットネストレーニングで得られる効果と同じ効果が得られます。筋力、柔軟性、筋肉運動の協調性を鍛えるといった目標は、いずれもパワープレート®を使用することで達成できるでしょう。 [ トレーニング例 ] ウェイトトレーニングをおこなっている方がパワープレート®を使用される場合 パワープレート® のエクササイズとバーベルやダンベルを使うエクササイズを組み合わせ、上半身と下半身の協調性を高めるようにしてください。
パワープレート®のトレーニングと有酸素トレーニングは、両方やってもよいものですか?
集中的にハードなエクササイズをおこない、途中でまったく休憩を入れないのであれば、理論的には有酸素トレーニングに代えてパワープレート®のトレーニングだけをおこなってもよいと言えます。有酸素トレーニングによって得られる効果の多くはアクセラレーション トレーニング®(加速度トレーニング)によっても得られます。 [ トレーニング例 ] アスリートが普段のトレーニングメニューや準備運動としてパワープレート®のトレーニングを取り入れる場合 プログラム全体の中に有酸素プログラムを組み込むことをお勧めします。そうすることでパワープレート®のトレーニングが触媒となり、有酸素トレーニングの効果を高めることができます。