大阪大学大学院 医学系研究科附属 最先端医療イノベーションセンター

大阪大学×経済産業省×プロティア・ジャパン 大阪大学大学院医学系研究科附属 最先端医療イノベーションセンターに共同研究室が開設

2014年春に竣工された大阪大学大学院医学系研究科附属最先端医療イノベーションセンターに、中田研教授率いるスポーツ医学教室とプロティア・ジャパンの共同研究開発プロジェクト『運動力学パフォーマンス研究室』 (Laboratory of Human Dynamics and Performance)が立ち上がりました。

大阪大学大学院医学系研究科附属最先端医療イノベーションセンターとは

大阪大学大学院医学系研究科附属最先端医療イノベーションセンターは、経済産業省の補助金により、医学系研究科に設立された産学官連携の研究開発拠点です。産学の研究者が連携することによって先端的医療技術の開発を目指しています。スポーツ医学教室中田研教授とプロティア・ジャパンによる『運動力学パフォーマンス研究室』は同センター9階に立ち上がりました。

「パワープレート®」を使用した、動的バランス評価方法の確立と バランス向上トレーニング方法を共同研究

『運動力学パフォーマンス研究室』では、健康維持に欠くことのできない、筋力、関節可動域や柔軟性、バランス能力などの身体運動能力向上について、加速度トレーニングマシン「パワープレート®」を使用し、臨床研究がおこなわれています。

共同研究成果の発表

『運動力学パフォーマンス研究室』では、「パワープレート®」を使用した、動的バランス評価方法とバランス向上トレーニング法の開発研究を積極的に行っていますが、パワープレートを活用した研究結果を共有する合同セミナーなども開催しています。

2014年の夏には、『加速度刺激の基礎研究』や『加速度刺激の臨床応用』をテーマに、スポーツ医学・整形外科の先生方が実際の研究内容の評価方法や臨床の応用について発表されました。
今後も 『運動力学パフォーマンス研究室』とプロティア・ジャパンが連携し、定期的にシンポジウムやセミナー、発表会を開催していく予定です。

産学官連携 プロジェクト 研究開発部 門 新融合領域 ユニット 『運動力学パフォーマンス研究室』

〒565-0871
大阪府吹田市山田丘2-2 大阪大学大学院医学系研究科附属最先端医療イノベーションセンター9F
URL:http://www.comit.med.osaka-u.ac.jp/