医療従事者のみなさまへ

患者さんの前向きな姿勢を引き出すパワープレート こそ、ロコモティブ・シンドローム治療の第一選択。大友 通明様 (医療法人社団 二柚会 理事長・大友外科整形外科 院長)

― 治療方針の転換期にパワープレート®導入を決意されたと伺いましたが。

大友(以下、敬称略):「自分の身体は自分で守る」というのが私のモットーですが、その治療方針をどう確立するか探っていた時期がありました。整形外科患者さんは運動器の不調を訴え、“なんとかしてほしい”と来院します。干渉波や牽引などの物理療法では電気をあててもらう、引っ張ってもらうなど、患者さんは受け身で治療を受けているだけで、その治療効果に疑問をもっていました。本当に患者さんのためになることは何かを考えた結果、理学療法を中心としたリハビリテーションを行う必要性を感じました。
ほかにない何か特別なリハビリテーションがないかと考えていた頃、パワープレート®を知りました。
自分自身でパワープレート®を体験して、「これはすごい、まさに整形外科のリハに最適だ」とすぐに分かり導入を決めました。

― 導入に際してどんなことに留意されたか
教えてください。

大友:パワープレート®は正しいポジションをとらないと効果が出ません。ですから、まず着手したのが指導スタッフの確保と育成でした。
パワープレート®の導入にあたってプロティア・ジャパンではトレーナー育成のプログラムがしっかりとあったので、スムーズに指導スタッフを育成することができました。導入当初はパワープレート®1台を患者さんの施療に、もう1台は医院スタッフの福利厚生として導入しました。これはスタッフも普段から利用することで理解・関心が深まり患者さんの施療にも有効だと考えたからです。

― パワープレート®の導入後、患者さんが積極的にリハビリに取り組むようになったという
話を聞きました。

大友:物理療法の場合、患者さんは施療中ただじっとしているだけですが、パワープレート®の場合、自分で正しい姿勢を維持することで治療効果が大きく変わるようです。自分が頑張ればより良い結果が出ることに気づき患者さん同士で情報交換をして、「あの人がやっているメニューを試したい」「足腰だけでなく肩もよくしたい」と積極的にリハビリに励むようになります。お年を召した方や、筋力が衰えてふらつきなどで満足に外出できなくなっていた、まさにロコモティブシンドロームの状態の方がパワープレート®による施療で筋力やバランスを回復して、「お風呂に入る時片脚で立ってもふらつかなくなった」「デパートで一度もベンチで休まずに買い物できた」「旅行に行くことにした」など、嬉しそうに報告してくださる例はたくさんあります。
以前は諦めていたことができるようになって、生活の中で回復を実感し、満足に動けるんだという自信を深めるのはとても大切なことです。

― パワープレート®は患者さんの負担を軽減することもできるのでしょうか。

大友:はい。物理療法の場合、温熱療法で患部を温めてから干渉波で患部をほぐして牽引機で体をリラックスさせるまで30分はかかります。このように複数の機器を使うのでその都度待ち時間ができてしまい、トータルで施療に1時間くらいかかってしまいます。一つの機器で1時間当たりせいぜい6人も施療できればいい方です。かつてのリハ室は機器を待つ患者さんでいっぱいで、どんよりした雰囲気でした。ところがパワープレート®は1台でさまざまなメニューをこなせるので、短い人は3分で、メニューが多い人でも10分程度で終わります。待ち時間に関するクレームもなくなり、患者さん同士のコミュニケーションも増えて、みなさんが前向き取り組んでおられるので、医院の雰囲気もとても明るくなりました。私が言うのも変ですが「病院じゃないみたい」と感じることもあります(笑)。

― パワープレート®の導入やスタッフの育成などには
コストもかかりますが、病院経営面ではどう評価
されていますか?

大友:お話した通り、患者さん1人あたりの施療時間が短くなり、より多くの患者さんに対応できるようになります。また、1台で複数の機能を持つパワープレート®は、従来の物理療法機器に比べて省スペースになることも大きな魅力です。適正な治療を実現するために指導者の育成は必須ですが、パワープレート®は雇用も生めるのだと前向きに考えています。患者さん自身が回復を実感できること、病院の雰囲気が明るくなることなどを考え合わせれば、メリットの方が大きいと実感しています。

― 導入をご検討の整形外科やリハビリテーション科の
病院関係の方にアドバイスがあればお願いします。

大友:パワープレート®の導入をご検討されるなら、まず自分で乗ってみることをお勧めします。百聞は一見にしかずです。整形外科やリハビリテーション科のドクターなら、自分で乗ってみればどこにどう作用するか、そして患者さんの意識にどんな変化が生まれるかがきっとわかるはずです。導入することで治療の幅が広がるだけでなく、ご自身やスタッフの健康管理にも大変有用だと思います。
また少子高齢化が進むこれからの時代、ロコモティブ・シンドロームの患者さんがますます増えるものと思われます。何歳になっても自分自身の足で活動できるようになるパワープレート®は、まさにロコモティブ・シンドロームの治療法として最適だと考えています。患者さん自身の前向きな姿勢を引き出し、治療に取り組む姿こそ、これからの地域医療の望ましい形ではないでしょうか。

リハビリ助手・トレーナー 井上様

パワープレート®導入時にスタッフとして加わりました。
導入当初は一部の患者さんに少しずつ試していたので1台でしたが、数ヵ月後には2台、現在は4台で常にフル稼働しています。何と言っても、3-5分パワープレート®に乗るだけで、高齢者にも負担が少なくトレーニングできるのが魅力です。患者さんの中には、どこかに外出する前に立ち寄って、パワープレート®に乗って足が軽くなった状態でお出かけする方もいらっしゃいます。また「パワープレート®を続けたい」と希望される方が多いのも、確かな効果を実感できるから継続しやすいのが魅力なのだと思います。

*あくまでも個人の感想であり、効能・効果を示すものではありません。

医療施設に最適な機種

内蔵されたproMOTION™ケーブルによって、上肢のトレーニングと強力な全身ワークアウトをさらに効果的におこなうことができます。

パワープレート® pro6の製品詳細ページへ

他のモデルと比べ最も設定幅が広く、プロフェッショナルトレーニングからリハビリテーションまで、さまざまな目的に対応。

パワープレート® pro5の製品詳細ページへ