ご自宅で使う

仕事も趣味もとことん楽しむには
疲れを解消することが必須。その点、パワープレート<sub>®</sub>に感じる安心感や信頼感は高級車に通じます。山元 賢治様 (株式会社コミュニカ代表取締役、元アップル・ジャパン社長)

― とにかくご活躍の幅が広く多忙を極める印象ですが、パワープレート®は仕事のための
体力づくりに役立っていますか?

山元(以下、敬称略):そうですね。アップル退社後は若手の人材育成の仕事を中心に活動してきました。最近、『「これからの世界」で働く君たちへ』*をいう本を上梓したばかりですが、これも若い世代に向けたものです。この半年間、全国をめぐって8000人を相手に講演してきましたが、いつも若い人たちから逆に元気を貰っている気がします。今取り組んでいる仕事はどれも楽しいので、実はストレスがあまりありません。ただ長時間、室内にこもりきりの作業をするとイヤな疲れ方をしてしまいますね。そういう時にはパワープレート®で仕事の疲れをリフレッシュしています。 ※『「これからの世界」で働く君たちへ』(ダイヤモンド社刊)

― パワープレート®のご自宅での利用法を
教えてください。

山元:ぼくは、どんなに仕事が忙しい時も欠かさず行くほどゴルフが大好きで、家の中にシミュレーション・ゴルフ専用の部屋を作ってしまったほどです。
パワープレート®は隣のトレーニングルームに置いて、テレビでスポーツ番組を見ながら結構長い時間乗っていますね。目的はゴルフに必要な筋力アップと、ゴルフ後の疲れを取るためです。ぼくの場合、1日2ラウンド回ったり、練習場でもたくさん打って少々無茶をするので、疲れも半端じゃないんです。

―パワープレート®で疲れはよく取れますか?

山元:てきめんですよ。例えば、ゴルフの後に講演などの仕事が入っている時など、その日のうちにパワープレート®に乗れないと腰や股関節に疲労が残り、翌日まで腰の重さが残ります。そういう時、ぼくが体調が悪くなるのを社員もわかっていて、最近では「ゴルフ場から来るなら、その前に必ずパワープレート®に乗ってから来てください」なんて言われてしまいます(笑)。以前は疲れ対策にアミノ酸を何本飲んでも疲れが取れなかったものですが、今ではすっきり解消できます。プレー後にパワープレート®に乗れさえすれば連日講演の仕事とゴルフが続いてもきっと大丈夫です。

― パワープレート®を知ったきっかけを
教えてください。

山元:5年ほど前、アップルで社長を務めていた頃、お仕事でご一緒していた社長さんおふたりとゴルフに行ったときの話です。夜、食事をしながら話をしていたところ、その中のひとり、Jリーグのあるチームの社長がパワープレート®のすごさをいろいろ教えてくれました。
「30秒間ポージングするだけで腹筋も足腰も鍛えられる」と聞かされても最初は半信半疑でしたが、「Jリーグでパワープレート®を使ってないチームは優勝できないんだ」と言われて思わず「ホントですか?」となって、とどめに「自分は元日本代表監督の次に買った。山元さんが買えば3番目だ」と言われて、すぐさまその場で電話しました。「何番目」とかいうのに弱いんですよ(笑)。その後、実際にパワープレート®を使いはじめてすっかり気に入って、今度は私が別の社長さんに勧めました。その方もすぐに購入されたみたいですよ。

― どんなところが気に入ったか教えていただけますか?

山元:ぼくはもともと技術者なので、パワープレート®の高速な振動が身体の中のいろいろなものを調整しているということが腹の底から納得できるんです。疲労がたまった身体のあちこちに働きかけて、流れをよどみなく整えてくれるイメージがわかりますし、ポーズをとるだけで負荷がかかるから、どんな筋力トレーニングにも効果があるということもわかります。ぼくの場合は、ゴルフに必要な腹筋と背筋を鍛えたり、体幹を鍛えたりしています。すぐに実感したのはお腹回りが引き締まったことですね。

― 元々身体を鍛えることがお好きなのでしょうか?

山元:小学生の頃から野球でもサッカーでも水泳でも何でもこなすタイプで、中学や高校の頃は先生から「体育は1番だ」と言われていました。大学時代はサーフィンをやって、IBMに就職してからはテニスをはじめて、社内の運動会では水泳の全種目にエントリーして生活用品を景品でまかなっていたくらいです。いわゆる「筋肉痛がないと気持悪いタイプ」なんです(笑)。ですから腕立て伏せと腹筋は高校生のときから毎日やってきました。

― スポーツマンの目から見てのパワープレート®への
ご感想をお聞かせください。

山元:実を言うと、以前にテレビショッピングで振動系のマシンを購入したことがあります。でも単機能の安価なマシンは結局飽きて使わなくなってしまいます。その点、パワープレート®はできることがたくさんありますし、担当の方がいろいろメニューを考えてくれるので飽きることがありません。その感覚は乗用車で言えば高級車と似ています。それは決してラグジュアリーなものではなく、きちんと作られたものに対する安心感や信頼です。マシンそのものも魅力的ですし、担当の方と長く付き合って行ける感覚もある。もしも他のマシンのラインナップがあればパワープレート®で全部揃えたいと本気で思っているんですよ。ぼくの場合パワープレート®は、仕事にしてもゴルフにしても、「好きなことをとことん楽しむためになくてはならないもの」という感じでしょうか。

*あくまでも個人の感想であり、効能・効果を示すものではありません。

ご自宅に最適

3つのライフスタイルの目的、フィールベター、ルックベター、プレイベターに分けられた250種類以上のワークアウトにアクセスできるタッチスクリーンコンピューターを組み合わせた優れたバーチャルトレーナーです。

パワープレート® my7の製品詳細ページへ

ご自宅でのアクセラレーション トレーニング®(加速度トレーニング)を可能にしたモデルです。使いやすい設定、遠隔制御などによりご自宅やプライベートオフィスでの使用に最適です。

パワープレート® my5の製品詳細ページへ