ユーザー紹介・導入事例

ドームアスリートハウス 東京都品川区

アスリートの最高のパフォーマンスを目指して『DOME ATHLETE HOUSE』が、パワープレート®を導入

『DOME ATHLETE HOUSE(ドームアスリートハウス)』は、日本のトップアスリートを総合的にサポートし世界レベルへと引き上げていくパフォーマンス開発機関。施設は最新のトレーニング・リカバリー設備を完備し、経験豊富なスタッフが、競技・選手個人に合わせてパフォーマンスアップのサポートをおこなっています。
『DOME ATHLETE HOUSE』のジェネラルマネージャーで、MLBフロリダ・マーリンズ、モントリオール・エクスポズ、ワシントン・ナショナルズでストレングス&コンディショニングコーチをおこなっていた友岡和彦氏に、『DOME ATHLETE HOUSE』のコンセプトとパワープレート®を導入した経緯について話を伺いました。

友岡 和彦 DOME ATHLETE HOUSE
ジェネラルマネージャー

2002年MLBモントリオールエクスポズにて、日本人初となるヘッドストレングス&コンディショニングコーチに就任。その後MLBワシントンナショナルズでの同職を経て、2009年よりドームアスリートハウス(DAH)ジェネラルマネージャーとして、トレーニング指導をおこなっている。

資格
  • ・MATA公認アスレティックトレーナー
  • ・NSCA公認ストレングス&コンディショニング・スペシャリスト
  • ・JATI上級コーチ
―『DOME ATHLETE HOUSE』のコンセプトを
お聞かせいただけますか。

普通のフィットネスクラブとの大きな違いは、一般には開放せず、アスリート専門の施設というのが特徴ですね。プロ野球選手、幕内力士、プロゴルファー、プロスキー選手、オリンピック選手が来て利用いただいていてます。単に、体力が上がった、ジャンプ力が向上したなどの結果だけではなく、どうやって実際のスポーツ競技に応用していくか、個々のスポーツ競技に合ったパフォーマンスを引きあげていけるかを考え、トレーニングをしています。言うなれば、アスリート専用機関ですね。
日本のスポーツを活性化したい。そのために何ができるかといったときに、いろいろアプローチの仕方はあるのですが、現状として日本のアスリートを世界レベルへ育て上げる、そうすることができれば日本が元気になるし、スポーツ人口も増える。スポーツ人口が増えれば、もっともっと日本が元気になる。そういう想いがあります。

― トレーニングは、具体的にどのような内容で
おこなうのですか?

アスリートのパフォーマンスアップに必要な4つの軸があります。
フィジカル(体力)・リカバリー(回復)・スキル(技術)・ニュートリション(栄養)の4つですね。体力をつけるには食事をバランスよく摂らなければならない。トレーニングだけしても強くはならないんですよね。トレーニングした分、しっかり栄養を摂らないといけないですし。休養することも立派なトレーニングです。
この組み合わせがとても大事で、複合的にこの4つの軸を組み合わせてアスリートのパフォーマンスを引き上げています。

アスリートのパフォーマンスを世界レベルまで引き上げる、最新のトレーニング・リカバリー設備を完備

― 海外と日本のトレーニング環境を比較して、大きく違いを感じるところはどこですか?

日本人に一番足りていないのは正しい知識ですね。間違ったトレーニングも多くされている。がむしゃらにやっても強くならないですし。人によっては、プロテインをいまだに筋肉増強剤と誤解をしている。トレーニングに関して何が正しくて、個々の競技や選手に合わせてどんなトレーニングがいいのか、トレーニングも年々進化してますから、正しい知識を取り入れることはすごく重要です。
そのためには、世界中のアスリートが取り入れている最新のトレーニング情報以外にも、選手のパフォーマンスを世界レベルまで引き上げるには最新のトレーニング・リカバリー設備も必要ですね。『DOME ATHLETE HOUSE』では、それらの環境が揃っています。

― その中で、パワープレート®を導入されたのは、どのような経緯からですか?

私は昨年11月までメジャーリーグでストレングスコーチをしてたのですが、そのときに、ここ2~3年のメジャーリーグの傾向を見たときに、6~7割のチームがパワープレート®を取り入れてましたね。
またプロフットボールでも、遠征にパワープレート®を帯同するチームもありました。フィールドにパワープレート®を置いておいて、オフェンス・ディフェンスの間にパワープレート®を使ったりしていました。
海外のストレングスコーチも「非常にいいマシンだよ」と言うので貸してもらい、2ヶ月ほど試してみたら私がコーチしている選手にも非常に気に入ってもらえて。パワープレート®を使うようになったのは、それからですね。得られる効果も大きいので、『DOME ATHLETE HOUSE』でも取り入れたいと思いました。

― パワープレート®がメジャーリーグの多くのチームで
受け入れられているのはどのあたりですか?

パワープレート®の上に乗ってストレッチするだけで筋肉が弛緩する、マッサージ効果というか30秒くらい乗っただけで身体が軽くなったとか身体が跳びやすくなったとか、そういう声が多くの選手から聞かれましたね。メジャーだと試合中にダグアウトで、パワープレート®の上でストレッチしてから守備に戻るとかバッターボックスに入るとかしている選手もいましたよ。

― パワープレート®をトレーニングに取り入れて、どのような効果を感じますか?

私は、学術的なところからパワープレート®の効果について入っていきました。パワープレート®に乗るだけで重力がかかるので、その上でスクワットをするだけでも自分の体重以上の負荷をかけることができる。しかも、重りを使うわけではないので、関節に負担がかからない。そういう意味では、リハビリにも使えるかなとも思いますね。
トレーニング面で言うと、体幹トレーニングで重要なのは、立った状態をいかに維持するか。ちょっと動いた状態でバランスをいかに戻すかです。不安定な物の上で立ったりとかバランスを崩したときに、バランスを取り戻そうとして体幹が無意識のうちに使われる。だとすればある程度のバイブレーションというか、不安定な状態に自分を置くことで無意識のうちに体幹が活性化されるはずなんですよ。
パワープレート®の上で股関節の伸展運動をおこなうと、振動によって無意識のうちに股関節の体幹を安定させることにつなげられる。パワープレート®は、リハビリ、パフォーマンス向上、ストレッチなどいろいろと使い方がありますね。

― パワープレート®を使ってみた選手の感想はどうですか?

「リラックスできる」「弛緩できる」と言ってますね。ボックスジャンプとかスクワットジャンプをすると、パワープレート®を使ったあとでは、感覚的に高く飛べるようになったと感じる選手もいますね。基本的には身体を振動させることによるマッサージ効果で、弛緩効果を多く感じているようです。

自分の体重だけで負荷をかけられるのはいい。特にボクはヘルニアで重い物が持てないので、トレーニングには最適

― ご自身でパワープレート®を使われてみた感想はどうですか?

ボクは救急車に運ばれたくらいのヘルニアなんですよ。ちょっと腰が硬くなったなと思ったら、フォームローラーをパワープレート®の上に置いて背中をストレッチしたてますね。背中を押しながらの振動ですから、マッサージ師がいないときでもマッサージ効果を得られますし。どこにでもマッサージ師がいるわけじゃないですかね。ストレッチ+マッサージとか自分で考えながら、パワープレート®を使ってます。
ヘルニアだと重い物が持てないので、自分の体重だけで身体に負荷をかけられるのはいいですね。スクワットするのであれば、パワープレート®の上に乗って片足スクワットしたりして、トレーニング効果を高めてます。

― 他のマシンと比べての違いはどこにありますか?

感覚的には一番不快感がないというか、快適にトレーニングしやすいですね。振動マシンが苦手な人もいるけど、パワープレート®はその割合は少ないと思いますよ。

― パワープレート®に、他に欲しい機能はありますか?

もっと乗る幅が広ければいいなかと。たとえばその上で、ゴルファーがスイングができたりとか。床全体がパワープレート®みたいな(笑)。そこで幅広いトレーニングができれば、トレーニングの効果がもっと広がると思います。

― 今後、パワープレート®をどのように活用していきたいですか?

今までウエイトを持ったことがない人が、いきなりダンベルとか使うのではなくてパワープレート®の上で動作作りをして始めていってもいいのかなって思ってます。スポーツ競技にもよりますが、そんなに重い物を持ってトレーニングする必要はない競技もありますし。ゴルフなどは、30代後半からトレーニングを始める人もいますし。その年齢や競技に合わせて、パワープレート®のエクササイズを増やしていけたらと思ってます。
あとは、組み合わせですね。パワープレート®をひとつのツールとして、いろいろなものと組み合わせて、何が一番ベストな結果を引き出せるかいろいろと探っていきたいですね。

文・構成:PowerPlate
写真:山口比佐夫

DOME ATHLETE HOUSE

東京都品川区東品川2-2-8 スフィアタワー天王洲3F
TEL : 03-5656-6220
株式会社ドーム 東京都品川区東品川2-2-20 天王洲郵船ビル22F
TEL : 0120-106-786 / 9:30~17:00(平日のみ)